特集記事 PICK UP!

宇宙服用トイレで3万ドルを掴み取れ!NASAがハンズフリーでの処理目標にアイデアを募集

pixta_12216153_m

あなたはトイレを我慢しなきゃいけない状況は想像できますか?
宇宙飛行士たちにもものすごい苦労が!
我々人類が宇宙空間に活動領域を広げても、避けては通れないのが「トイレ」の問題です。
ISS(国際宇宙ステーション)にトイレはありますが、狭い宇宙船内ではどうしようもありません。
というわけでNASAは「宇宙服用トイレ」のアイディアを3万ドル(約340万円)の懸賞付きで募っています。
あなたの発想力が宇宙飛行士達を救えるかもしれません。
pixta_919697_m

12月20日までを期限として行われるコンテスト「Space Poop Challenge」では、人間の排泄物を最大6日間、ハンズフリーで処理できる宇宙服を募集しています。
ただ、英語でアイデアを出すかは不明なので出来たらEnglishでアイデアを出してください。

コンテストの説明文によれば、これまで宇宙飛行士は排泄物の問題に「おしめ」などで対処してきました。
しかしおしめは根本的な問題の解決にならず、一日以上のミッションでは健康上/保護上の問題があります。
たとえばソユーズ宇宙船で地上からISSへと向かう時、ミッションによってはドッキングまで2日を要する場合もあります(ソユーズには携帯トイレが備え付けられているそうですが……)。
2日間はさすがに体調が悪くなりそうで怖い気もしますが…

Astronaut in outer space against the backdrop of the planet earth. Elements of this image furnished by NASA.

さらに将来の深宇宙探査では、宇宙飛行士がトイレにたどり着くまで6日間もかかる場合があるそうです。
想像してください6日間ですよ。町中からトイレが6日待ち状態です。
花火大会より過酷な状態です。

というわけで、みなさんもトイレの処理をしてくれる宇宙服がいかに人類にメリットをもたらすかが、容易に想像できるのではないでしょうか。
コンテストでは最大3人までが3万ドルを獲得することが可能で、年内にも実際にテストを行い3年以内に宇宙服に実装する予定です。
もし人類が簡単に宇宙に行けるとしたらとトイレの我慢もしなくてもいい宇宙服が好ましいですね。
画期的な宇宙服用トイレを皆さん考えましょう。

なお、NASAは2030年代の有人火星探査を目標としています。
それまでにはISSに備え付けられているような、バキュームを利用した簡素なトイレシステムも改善されると期待しています。

関連記事

  1. 2

    【顔と同じ大きさ!?】大きさ・質ともに満足するハンバーガー日本初上陸☆

  2. pixta_3486262_M

    これでぽっこりお腹解消!洋ナシ型体型に合う運動方法

  3. pixta_10110556_M

    【その結婚相手大丈夫!?】結婚に向いていない女性の5つの特徴

  4. a

    【会計時にレベルアップ!?】からあげクンにホイミ味が仲間入り!!

  5. man-932840_1280

    ポッチャリ男子にオススメの髪型4パターン

  6. b

    エリートサラリーマンが女子を2次会に誘う方法をラップでプレゼン!!

人気記事

  1. Pretty blond girl is sitting on windowsill. She is embracing her leg with hands. The lady is dreaming and smiling. Copy space in left side
  2. ぽっちゃりファッション
  3. Girl misunderstanding boysfriend's attitude
  4. two businessmen talking on the phone in the city
  5. man-932840_1280
  6. ScreenClip [3]
  7. nekutai
  8. man in red shirt jumps outdoor in summer on bridge
  9. ScreenClip-[1]-2
  10. adult man speaks on the phone and writing text

ピックアップ記事

  1. お持ち帰りするには?? お持ち帰りに必要なマインド
  2. 156823 【ポケモンGO】ポケストップふざけてんのかグランプ…
PAGE TOP